企業情報

COMPANY

ヒラカワのあゆみ

1912年(明治45年)

創業

平川鉄工所創業
日本が急速に工業化の道へ進んでいく1912 年に大阪府西成郡鷺洲村大仁(現:大阪市北区大淀北)で創業

本社
初代 平川 種吉所長

1922年(大正11年)

ボイラ製造の開始

「ボイラ」を通じて資源のない我が国の発展に貢献したい
創業の志のもとボイラ製造を開始
ランカシャボイラ製造

ディッシュエンド・ランカシャ型汽缶

1933年(昭和8年)

汽関車型(ケワニー)ボイラ製作開始

1947年(昭和22年)

法人組織に改組、株式会社平川鉄工所となる

社名看板

1953年(昭和28年)

MP BOILER 誕生 今日まで続くMP ボイラブランドの始まり

日本最初の炉筒煙管ボイラMP100 型を開発

MP100 型

1962年(昭和37年)

新たな製造拠点

創業50 周年。
最新鋭のボイラ専用ライン生産が可能な滋賀工場(現 滋賀事業所)を滋賀県野洲町(現 野洲市)に開設

滋賀工場

1968年(昭和43年)

国産初の戻り燃焼方式 MP800 型開発
水管ボイラWTP 型開発

MP800 型

1974年(昭和49年)

高圧蒸気発生器HPG 開発

1979年(昭和54年)

MP AD 型開発
真空温水ヒータVEC HEATER 型開発

1982年(昭和57年)

高性能小型炉筒煙管ボイラとして「省エネルギー優秀製品賞」を受賞

1982年(昭和57年)

MP MINY 型開発

MP MINY 型

1985年(昭和60年)

コージェネレーション用水管式排熱ボイラWTP 型開発

1990年(平成2年)

JAFI 燃焼理論を発表

1992年(平成4年)

株式会社ヒラカワガイダムへ

創業80 周年を機に、社名を「株式会社ヒラカワガイダム」に改称

1995年(平成7年)

タイのバンコクにHirakawa Guidom (Thailand) Co., Ltd. 設立

1996年(平成8年)

ボイラ水処理薬剤発売

1998年(平成10年)

タイのサムットプラカーンに工場開設

1999年(平成11年)

ISO14001 を滋賀工場取得(2016 年返納)

2004年(平成16年)

ボイラ技術開発センター

滋賀事業所内に日本初のボイラデモセンターボイラ技術開発センター「B-TEC」開設

2005年(平成17年)

小型貫流ボイラJSN 型開発
潜熱回収温水器UltraGas 型開発
負荷診断装置開発「省エネ診断」を開始

JSN 型
UltraGas 型

2006年(平成18年)

災害支援バス・シャワーシステム開発

2008年(平成20年)

UltraGas(UG-720/500/350) が一般社団法人日本ガス協会「技術賞」を受賞

2009年(平成21年)

宮崎市に宮崎工場開設

2009年(平成21年)

小型貫流ボイラHKM 型開発

2010年(平成22年)

ISO9001 を全社取得

2011年(平成23年)

潜熱回収貫流ボイラConboGas 型開発

ConboGas 型

2012年(平成24年)

創業100 周年 株式会社ヒラカワへ

創業100 周年を機に、社名を「株式会社ヒラカワ」に改称
ConboGas(CG-2500/2000/1500) が一般社団法人日本機械工業連合会 平成23 年度優秀賞エネルギー機器「会長賞」を受賞

2013年(平成25年)

真空温水ヒータVEC-HEⅡ型開発
遠隔監視システムMP スマートボイラシステム開発

VEC-HE/HER型

2015年(平成27年)

OHSAS18001 を取得(2021 年返納)

2015年(平成27年)

モジュール式タンクレス熱交換器Modul-plus 発売
ベックヒータ寿命診断装置開発

2016年(平成28年)

ConboGas が日刊工業新聞主催「第46 回機械工業デザイン賞日本商工会議所会頭賞」受賞
ConboGas が「関西ものづくり新撰2014」に選定

2018年(平成30年)

経済産業省「地域未来牽引企業」に選定

2016年(平成28年)

貫流ボイラHKS 型開発
人工炭酸泉製造装置炭酸ライン開発

2019年(令和元年)

本社新社屋建設
本社内にボイラ技術開発センター「B-TEC Osaka」開設

本社
B-TEC Osaka

2019年(令和元年)

UG 温水トータルシステム開発

2020年(令和2年)

次亜塩素酸水ZESS-200 発売

2021年(令和3年)

UG 温水トータルシステムが「関西ものづくり新撰」に選定
本社社屋が大阪府と大阪市主催の「令和2 年度おおさか環境にやさしい建築賞」にて「大阪市長賞」を受賞

2021年(令和3年)

潜熱回収炉筒煙管ボイラFG-2000開発

次の100年へ

創業時からの「ボイラを通じて社会に貢献したい」という志や先人への感謝を忘れず、
これからもサステナブル社会にふさわしい、低NOx、低CO₂、省エネルギーな製品づくりを追求していきます。