お知らせ

NEWS

水素混焼ボイラ「HydroMix」シリーズをリリース

水素と都市ガス 13A を燃料とする水素混焼ボイラ HydroMix(ハイドロミッス)シリーズ
(小型貫流ボイラ/潜熱回収温水器)を 2024 年 4 月にリリースしました。
本シリーズは水素と都市ガス 13A を燃料に使用することで CO2排出量を大幅に削減するとと
もに、都市ガスのみでも燃焼可能とすることで、熱を安定して供給することが可能です。
小型貫流ボイラ「JSN-HM」は開発にあたり産学協力のもと、2016 年より水素社会の到来を
見据え、混焼技術の基礎研究にいち早く着手しました。その結果、都市ガス 13A と水素を混
焼させる独自の燃焼方式を確立し、水素燃料の安全性と効率性を極めて高いレベルで実現し
ています。
特に、NOx排出量は水素専焼及び水素混焼においては環境基準値を下回る業界トップクラス
のNOx 排出レベル(実測 40ppm、O2=0%換算)を達成しました。

 

温水器「UG2-HM」はヨーロッパで導入が検討されている、水素と天然ガスを混合した燃料ガスを日本でも使用可能とした製品をリリースしました。また、従来型都市ガス 13A 仕様の潜熱回収温水器と同等の国内トップクラス の効率 105%と低 NOx 排出を実現しながら、水素混焼による更なる CO2削減を実現した国内初の潜熱回収型温水器となります。

販売に先立ち、2024年3月14日、15日に弊社ボイラ技術開発センター(滋賀事業所内、滋賀県野洲市)にて開催しました「新製品発表会 2024」にて初披露しました。