Recruit site

社員紹介

開発した技術がスゴイ!趣味を仕事にする開発リーダー

「アイデアを形にする」
趣味がそのまま仕事になりました。

開発室 開発グループ
鈴木 卓哉(2011年入社)
関西大学 大学院 理工学研究科 卒業

入社のきっかけ

大学で熱工学を学んでいたのですが、この程度では技術者としてはまだまだ力不足だと感じ、大学院に進んでレベルアップを図りました。ヒラカワに入社したのは、学んだことがそのまま活かせる環境だと思ったから。しかも、設計から試験・製造、さらには周辺機器の設計やセッティング、試験運転など、一連の業務に関わることができる。大手のプラントメーカーなども一度は検討したのですが、ヒラカワには一から十までのすべてを手がけるチャンスがある!と感じ、入社を決めました。

仕事内容

より環境にやさしく、省電力・省エネルギーで静音性も高い新機種ボイラを開発するために必要な基本設計や基本制御、性能確認試験、ボイラに使用するバーナの開発をしています。過去には、地産・地消のシステムを目指し自然のエネルギーを利用したバイオマスボイラを開発しました。その熱源にはその土地にある木質を用いて、コンパクトでスペースを取らず、加えて、高い燃焼効率でメンテナンスがしやすいボイラは、業界内でも話題になりました。地産・地消による省エネルギー化に貢献しながら、ひいては地球温暖化防止に寄与できるようなボイラは、日本各地でニーズがあると考えられます。現在は、CO2を削減するために都市ガスと水素を熱源にしたボイラを開発しています。月1回技術会議で社長や統括長に相談できる機会もあるため、今後も自分のアイデアをどんどん発信していきたいと思っています。

設計職の魅力

社内にあるアイデアを形にできることが一番の魅力です。「今ある製品をどう改良しようか」「もっとシンプルにならないか」「より地球温暖化の防止と省エネに貢献できるボイラはできないか」まだまだやることはたくさんあります。私のしたいことは、昔から変わらずモノづくりを一からすること。まさに今の仕事そのものです。自分自身で設計・開発したものが、イメージ通りに動いた時にとてもやりがいを感じます。また、お客様が導入して良かったと仰っている、という話を社内で聞いたときはとても嬉しいですね。

エントリーは当社ホームページ、または、
リクナビ2020からお願いします。